2018年05月20日

修理費を釣行費に!『タックルにシュ!』で塩分中和♪

 海釣りでロッドやリールが痛む最大の原因は何か?

大物ファイトによる高負荷によるもありますが1番は海水による塩分です。

DdOLENZU8AAs0qn.jpg

使った後は直ぐに水洗いして塩分を流すのが鉄則ですが、

通常の船でも港まで小一時間、遠征船では6時間以上を要することもあり、

帰港までかなり時間が空いてしまいます。そして港に水道が無いことも…。


ロッドのガイドはリングとフレームの僅かな隙間に海水が浸入すると

乾燥した時の塩の結晶が隙間を広げる力を掛け、僅かな力でリング抜けが発生することも…。


リールのベアリングに液体として侵入した海水は乾燥によって結晶化(固体)。

それに気付かず回してしまえばベアリングに砂利を噛ませているようなもの。

内部に傷付けゴロ感の原因となるのです。

クラッチで結晶化すれば塩噛みによって作動不良に…。

外装の小傷へと浸入すると結晶化によりブリスター現象(塗装浮き)になります。

PEラインで結晶化すればホツレを生み、内部でクサビとなった結晶がラインブレイクを呼ぶことも。

ルアーやプライヤーも錆びは大敵です。

塩分を放置して良いことなど1つもありません!

そんな時は「タックルにシュ!」の塩分中和剤で最低限のメンテ。高額修理を予防します。

DdOLFjvUwAENgjq.jpg

海水が最も浸透してしまうのは移動中。

時化ているときは波をザブザブ被ってしまいドンドン浸水してきます…。

高額のリールを塩害から守りたい…。そんな時はリール用ネオプレーンリールカバー

真の活役どころはポイントへの往復時間です。

ロッドに付けたまま被せれば浸水を防ぎ、塩分で汚れても洗濯すればOK。

使い終わったリールに『タックルにシュ!』を振り掛けてカバーすれば港で水を掛けるだけ!

修理費を釣行費に!タックルを大切に、もっと釣りを楽しみましょう!!




【お知らせ】
先日より浅草釣具からの電話発信は
[080-3572-7855]を使用してます。
予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。
尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り
[03-3874-7855]にてお願い致します。
HProgo.jpg
「浅ブロソルト」は、こちらでも運用中。ご覧ください。
タブレット・スマホで見やすくなっております。
浅ブロソルト更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input
上記ページで、ホスト名に「asakusablogsalt」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。
スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。
***************************************
浅草釣具の店員は、知っている。
店員の独りよがりでなく、
釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。
ご購入の参考にお尋ねください。
***************************************
下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
posted by 浅草釣具 at 15:50| 浅草釣具店員のおススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

【森竜丸】はじめての遠征船に挑むには?【ルアーキハダ】

 キハダで盛り上がる御蔵島海域。昨日は後半にヒラマサの連続ヒットもあったようですね!

伊豆半島には銭洲・イナンバといった沖礁や伊豆諸島海域に行く遠征船が多くあります。

はじめての遠征船に挑むにはどうすれば?? 今回は網代の森竜丸に焦点を当てて紹介しましょう。

DcxBQKWUQAAXYGy.jpg

さて伊豆方面の釣行が少ないと「遠征船って?」と疑問に感じるはず。

大きな違いは移動距離。”遠征”の名の如く、港から100km以上離れた釣り場を目指すこともしばしば。

御蔵島海域のキハダで初めて遠征船に乗船される方も多いでしょう。

着替えやタオルは忘れずに!

遠征船で必ず用意してほしいのは着替えやタオル類。数に余裕をもって用意するように。

移動時間はキャビンのベッドで寝ますが、汚れた格好のままは許されません。

復路は着替えはもちろん露出した顔・手・足もきちんと拭くなり流すなりして綺麗にして寝ましょう。

20180516150222731.jpg
森竜丸前方キャビン。個別に仕切られてますがトイレが遠くエンジン音は大きめ

20180516150238428.jpg
森竜丸後方キャビン。上下二段になっており割と涼しいものの個別仕切りは無し。

着替えや清掃はルアー船はわりと寛容なところも多いですが、

布団類を定期的にクリーニングに出し寝心地と清潔感にこだわる遠征船では

しっかりやらないとかなり怒られますf(^^;

次の人が使うことも考えて汚さないようにしましょう。


飲食物は余裕をもって

遠征船では海域やプランによって船の拘束時間が12~40時間にも達します。

御蔵島海域での拘束時間は18時間。夏の海上は日差しも強く熱中症の危険と隣り合わせ。

そしてクロマグロやカジキなどの超大物はファイトタイムが1時間を超えるようなことも…。

万全の状態で挑むには小まめな水分補給は絶対に欠かせません。最低でも3L以上は欲しいところ。


また長時間の乗船になるため2~3食することもあります。こちらも余裕を持って。

それらを30Lぐらいまでの小型クーラーに入れて携行しましょう。


御蔵島遠征船のタイムスケジュール

長い時間の中で何をしているのか?

御蔵島ルアー遠征船の流れはこんな感じです。


0:10 網代港着
タックルを船側へ
0:15 船長到着
挨拶忘れずに
0:18 受付オープン
乗船名簿記載
0:20 船着岸
道具仮積み(寝床確保最優先)
0:25 精算・座席選択
座席は予約順にて
0:30 乗船
座席へ荷物移動
0:45 出港 御蔵島へ
ぐっすり寝て体力回復
6:30 釣り開始
目指せ大物GET
12:30 沖上がり
ぐっすり寝て体力回復
18:00 帰港
積み降ろし
18:10 釣果分配・撮影
自分の魚をクーラーに
18:15 氷到着
忘れ物が無いか確認
18:25 解散
安全に気を付けてお帰り下さい


移動時間は海況によって増減します。出船可否の確認は前日の夕方ぐらいまでに。

出船時間が早いので19時や20時の確認では船長は寝てしまいます。


釣った魚は船の魚槽やクーラーへ

バタバタと船内に取り込まれたキハダたち。各自で血抜き清掃をしたら収納します。

遠征船では各自で大型クーラーを持ち込むことはありません。

魚槽や船の大型クーラーで纏めて冷やします。なので自身の魚がわかるようなマーキングは必要。

鰭カットや輪ゴムでは多いと誰の魚かわからなくなってしまいます。

20180516150325589.jpg DdOcoA7V4AAu5Ce.jpg

何度も使いまわせるキープマーカーがあれば自分の魚は一目瞭然!

こちらは浅草釣具にて販売してます♪


大物を目指して楽しい遠征釣行を!

いろいろと文章にすると小難しくなってしまいますが準備自体は難しいことはありません。

森竜丸は最近盛り上がる御蔵島海域の他に伊豆大島利島~新島裏にも出船します。

季節に応じて様々な遠征が楽しめる!もちろん近場の釣り場にも♪

行くなら今!思い切って遠征釣りの世界に飛び込んでみてはいかがでしょう!!

20180516150054623.jpg

網代 森竜丸

℡/090-1620-1988

moriryumaru.jpg


【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

「浅ブロソルト」は、こちらでも運用中。ご覧ください。

タブレット・スマホで見やすくなっております。

http://www.turiguyasan.com/salt/



浅ブロソルト更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablogsalt」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。

***************************************

浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************

下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
posted by 浅草釣具 at 15:58| 浅草釣具店員のおススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

【釣行報告】電動ジギングで楽々♪御蔵島沖キハダマグロ

 スレてなくルアーに素直に反応して派手なファイトを楽しませてくれる今年のキハダ。

釣れているポイントは御蔵島海域とまだ遠方ですが、そこまで行けば楽園が待っています!

20180516150054623.jpg

キハダを運んでくる黒潮の接近

ゴールデンウィーク頃から釣れ始まったルアーキハダ。

ジギングを中心としながら鳥の動きに合わせればキャスティングにも炸裂します!

現在の黒潮の本流は伊豆諸島を北上し、新島の東から外房へと抜けるコース。

IZ20180515.png

キハダが多く乗っている22℃以上の水温帯も徐々に北上。

6月には大島沖や外房、7月までには相模湾へ入ってくることでしょう。


でも、そんなに待っていられないのが釣り人の性!

こちらから出迎えに遠征船へとチャレンジしましょう!!


モーニングチャンス!開始直後から入れ掛かり!?

海況良く無事出船。高まる気持ちを抑えられず明け方と共に目覚めてしまう方が多数f(^^;

釣り開始となるのは6時半。それまでに忙しなく積んだタックルを準備しルアーを取り付けましょう。

稀に到着前に大ナブラに遭遇して追撃戦になることがあるので、

準備はキャスティングタックルからがおススメです。

DdMkzW-VwAAAzT3.jpg

御蔵島桟橋を交わし八丈島へ向かう東海汽船の船を見送るといよいよ釣り開始の6:30。

良い反応を見つけたのかその時刻まで船を極力動かさないようにする船長。

そして開始時刻と共に怒濤の入れ食い常態に突入です!

電動ジギングで挑むスタッフ小林にもすぐにアタリが出てフッキング!

船内では5名程のロッドが曲がり、キハダのファーストランを凌いでいます。


キハダも楽勝!?電動ジギングの優位性

こちらはシマノ)タナトル4の3号をフォースマスター3000に巻き、

浅釣オリジナル二代浅草172Sakinoriの組み合わせで勝負!

一見ライトな組み合わせですがカーボンに無いグラス系の粘りは

キハダの引きを柔軟にいなしバットまで曲げ込むとグイグイ浮上させます。

そこにフォースマスター3000のパワーを使っての電動ポンピング。

この組み合わせなら水温がまだ低いこの時期ならば楽勝。

「体力に自身の無いけどキハダジギングにチャレンジしたい!」

という方にはオススメです!

20180516150426541.jpg

5分程のファイトで浮かんできたのは中々のサイズのキハダ♪

前回の苦戦からのやっと1本目をGET。正直ホッとしました(^^;

20180516150407838.jpg

最初の1流しで船中4本浮上!アタリは倍以上出ています。

20180516150348318.jpg

気になるキハダの胃の中には今回は小サバや受け口の魚。

先週はキビナゴのような小魚。週末はイカ類が出てきたようです。

ジグのシルエットを選ぶ上で重要な要素ですね。


釣った魚は船の魚槽やクーラーへ

バタバタと船内に取り込まれたキハダたち。各自で血抜き清掃をしたら収納します。

遠征船では各自で大型クーラーを持ち込むことはありません。

魚槽や船の大型クーラーで纏めて冷やします。なので自身の魚がわかるようなマーキングは必須。

鰭カットや輪ゴムでは多いと誰の魚かわからなくなってしまいます。

20180516150325589.jpg

何度も使いまわせるキープマーカーは必須ですよ。


中盤からはカツオが高活性に!

魚を処理しながらも船内ドラグ音が鳴りっぱなし!今日はやたら高活性ですね♪

気付けば大型カツオ船も寄ってきてイワシ撒いてカツオを釣り上げてゆきます。

それでも船側を鳥が通過するタイミングならばトップにカツオが好反応☆

そんな感じで歓喜と嘆きの叫びが飛び交う朝は過ぎてゆきました…。


ヒットが遠退いてきたので少々南下。ここまでキハダは船中8本。ヒットは倍弱でしょうか?

探見丸CV-Fに映る反応はこんな感じ。50~100mの指示ダナの中を通過してゆきます。

20180516150621564.jpg

バラシよりもラインブレイクが目立ちますが聞けば昨シーズンのラインのまま挑んだ方が多数…。

キハダ相手にこの油断は命取りです。最低でも一度引き出して異常が無いか確認しましょう。


トップでカツオが上がる中、舳先でトップにキハダが炸裂♪

電動ジギングは深場からカンパチヒラマサを狙いますが水深110mでもカツオf(^^;

20180516151023622.jpg

トップに炸裂したキハダも取りこまれ竿頭は4本!驚異的です(^^;

ただこの1本で当日は打ち止め。船中9本のキハダにてフィニッシュです。


大物の夢溢れる遠征釣り

帰港し魚槽とクーラーから出して並べると中々の迫力!

もちろん毎回がこのような釣果になるとは限りません。天国もあれば地獄もある…。

その天国を夢見ての遠征釣りです。

20180516150054623.jpg

キハダの最大は30.1㎏。運よくスタッフ小林がGETできました☆彡

20180516152532037.jpg

御蔵島遠征ルアーは片道6時間弱と決して近い場所ではありません。

遠いと疲れそうですが往復はキャビンでしっかり寝れるので往復時間で体力回復して挑めます。

そしてスレていないキハダの反応の良さは体験すると病み付きに!

挑むのなら今!今季の1本目を狙い、ぜひ釣行されてみてはいかがでしょう。


網代 森竜丸

℡/090-1620-1988

moriryumaru.jpg


【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

「浅ブロソルト」は、こちらでも運用中。ご覧ください。

タブレット・スマホで見やすくなっております。

http://www.turiguyasan.com/salt/



浅ブロソルト更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablogsalt」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。

***************************************

浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************

下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
posted by 浅草釣具 at 16:45| 浅草釣具店員のおススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする